引越しで冷蔵庫のみの運搬料金は一概には分かりません。

業者により提示する料金がマチマチなのが現状です。

そこで、その1番安い業者を見つけるには、一括見積もりで料金の比較をしてみましょう。

今すぐ、冷蔵庫のみの引越し料金を比較する⇒⇒
(引越し価格ガイドは、概算相場も分かる完全無料サービスです。)

 

もちろん、冷蔵庫のみの引越し運賃比較で利用しても大丈夫!

 

実際に、こういった少ない荷物での料金を比較されてる方も多く、

利用してみたら業者間の差額が50%も下がったなんてことも起きているんですよ。

 

それに、引越しであれば冷蔵庫の梱包から設置まで、全てお任せ出来る業者を選ばなければいけません。

 

不要品の処分もあれば、資材の配布も必要になってくるでしょう?

そういった大変な事をお任せ出来て、そして費用も安い業者を見つけるべきです。

 

だけど、一番安い業者を探したり、どんな格安プランがあるのかを一社ごとチェックして行くのはとっても大変ですね。

だからこそ、無料の一括見積もりサービスを節約のために活用して下さい。

 

ただ、冷蔵庫の運搬は難しいので費用が安いだけの業者では安心できません。

 

なので、大手が参加している一括見積もりサービスだけのご利用をお勧めします。

 

見積もり比較で最大50%OFFになる引越し侍は、満足度が95.2%と今人気のあるサービスです。

業者は大手のヤマトやアート引越センターを筆頭に200社以上が参加しています。

相場も分かるサービスも付いているため、目安を知るのにも役立ちます。

また、期間限定で10万円が当たるキャンペーン実施中です。

 

詳しくはこちら⇒⇒

 

 

ズバットは、見積もりサービスの中でも最大級の220社以上が参加しているので、

冷蔵庫のみの引越しでも最安値の業者を見つける事が可能になります。

ネットでの依頼が不安な方のために、フリーダイヤルによるお問い合わせ・受付も行っています。

 

詳しくはこちら⇒⇒

 

 

ライフル引越し(旧ホームズ)は大手から格安業者まで100社以上が参加しており、

激安で有名な赤帽も各エリアによって見積もり比較が可能です。

料金を知りたい業者だけの選択が出来るので、見積もり候補を絞る事も可能なサービスです。

こちらもキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

詳しくはこちら⇒⇒

 

上記の一括査定サービスは全て無料で活用できます。冷蔵庫のみの引越しが安い業者を探すだけでなく、相場を調べるためにもお役立て下さい。

 

 

冷蔵庫のみであれば、安い運搬方法ってあるの?

 

冷蔵庫のみの引越しを行う場合には、運送業者や引越し業者が提供している安価な特殊サービスの利用も視野に入れて下さい。

クロネコヤマトのらくらく家財宅急便

そのサービスの代表的な例として第一に、宅急便でお馴染みのヤマト運輸による「らくらく家財宅急便」を取り上げてみましょう。

 

らくらく家財宅急便は、家具や家電の配送を専門的に取り扱うサービスであり、小さい物では電話機やHDレコーダーから、大きな物ではダブルベッドやカウチソファーまで1点から配送を依頼することができます。

 

冷蔵庫の場合ですと、サイズは三辺合計で350cmまでになることが一般的であり、この際のランクは「Eランク」となります。

 

料金は配送先によって異なり、例えば東京都から東京都への配送では16,254円東京都から大阪府への配送では19,170円が料金の目安になります。

 

ちなみに、宅急便では段ボールに入るサイズ(3辺合計160cmまで)かつスタッフが1人で持てる重量までとなるため配送は不可になります。

 

引越し業者の混載便

次に、引越し業者の混載便を利用するのも安く冷蔵庫を配送するためには有効です。

 

混載便とは、同じ方面への引越しを行う人と同じトラックに荷物を載せて、いわば割り勘のような形で指定した住所までの配送を依頼できるサービスです。

 

混載便はもともと少ない荷物の方を対象としたサービスであることから、冷蔵庫1点のみでも依頼を受け付けてくれる業者は数多く存在します。

 

大手の引越し業者では、サカイ引越センターやアリさんマークの引越社が混載便のサービスを提供しています。

 

近距離または長距離のみといった制限がある訳ではないので、この輸送方法を採用している業者かつ他社に比べ安くなるのであれば検討して下さい。

 

料金は日時や距離によって異なるため、ご利用を検討されるのであればお早めの見積もりをお勧めします。

 

大手3社の単身パック比較

 

また、単身パックを利用して冷蔵庫の引越しを行うという方法も選択肢に加えてみましょう。

ただしこちらは、サイズや重量の制限で家庭用の大きな冷蔵庫の場合は、配送出来ない場合があります。

 

まず、ヤマト運輸の単身引越サービスを利用すれば、1.70mまでの高さの冷蔵庫を運送することができ、料金は最安値で12,000円となっています。

 

次に日通の単身パックには、冷蔵庫の大きさに合わせてSとLからプランを選択することが可能となっており、
横幅108cm、奥行74cm、高さ155cm以内に収められる単身パックSは15,000円から、
横幅108cm、奥行104cm、高さ175cm以内に収められる単身パックLは16,000円

からそれぞれ利用することが可能です。

 

佐川急便には、引越し部門としてSGムービングがありますが、こちらで単身パックを請け負っています。
幅100cm、奥行き75cm、高さ145cmのため単身用の2ドア冷蔵庫であれば取り扱いが可能でしょう。

料金は、公式サイトより概算が出せますが、同都道府県内で18000円弱となります。

 

単身パックはその他の運搬方法と比較して利用できるサイズに制限が設けられていることがネックになりますが、最も安く利用できる可能性の高い運搬方法でもあるので、冷蔵庫のサイズが条件を満たしているのであれば積極的に利用を検討すべきです。

距離や日時、冷蔵庫のサイズによっては、一概にどの業者のどんなサービスが一番安いのかは分からない為、上記に一括見積もりサービスを掲載しております。

 

お得な日時を指定してさらに安く!

 

 

たとえ冷蔵庫のみの引越しでも料金を安くするためには、業者にとって都合のいい日程に合わせるということが最も簡単で有効な方法です。

 

引越しの依頼が重なるのは土日や祝日が主であり、大手であったとしても、平日の閑散期には依頼がほとんど入らないという業者も存在します。

 

また、土日であったとしても、仏滅などの一般的に縁起が悪いとされる六曜に重なった場合にも人気が下がります。

 

業者としては、放っておいても勝手にお客さんが集まるような日程には強気で、値下げに応じることはまずありませんが、反対に人が集まりにくい日程は大幅に値下げをしてでもお客さんを集めようとします。

 

ですから、引越しの日程が具体的に決まっていないのであれば、一番安く引越しができる日程にしてほしいということを業者に伝え、業者の都合がいい日程に合わせて引越しをすると安く済むのです。

 

さらに、時間帯としては、午前便よりも午後便を選んだほうが料金の相場が安くなります。

 

引越しは近い距離でも約半日を要する一大イベントですから、なるべく早く作業を済ませ、午後はご近所への挨拶回りや室内の整理に回したいと考える方が多く、午前中に運搬を行う午前便に人気が集まります。

 

午後便は、13時から15時頃を目安に作業を始めることが一般的であり、引越しが完了する時間帯は夕方や夜間になることが普通です。

その後のフリー便は、それ以降の3番目からの作業開始となるため、一番安くなります。

 

時間が遅れるにつれ条件が悪くなるぶん、引越し業者の立場としては料金を安くすることでお客さんを集めようと考えることから、同じ日にちであったとしても午前便よりも午後便のほうが安く利用できます。

 

その理由として基本的には、業者は作業スタッフ1日分の人件費を午前便の依頼者に支払ってもらう慣習があります。

 

また、この午後便やフリー便のデメリットとなるのは、新居に家具や家電が到着するのが日が沈んだ後になる可能性があるという点です。

 

しかしこれらのデメリットは、冷蔵庫のみの場合は全く関係ありませんが、家族単位など荷物量が多いケースになると、作業に支障が出てくる事があるため検討が必要です。

 

例えば、新居に照明器具が未設置という場合には、懐中電灯を使用しなければ当日中に室内の整理を行うことが難しくなってしまいます。

 

大荷物に搬入によって大きな音を出してしまう可能性もあり、引越し初日から近隣の住人に悪い印象を抱かれてしまう恐れもあります。

 

また、引越し業者は午前中に別件の引越しを済ませてから午後便の作業に移ります。

 

そのため、何らかのアクシデントによって午前便の引越しが長引いてしまうと、業者の到着が遅れて引越しの作業自体が遅くなる場合があります。

 

午前便のスタッフがそのまま午後便の仕事も行うということであれば、スタッフは作業開始前から既に体力を消耗した状態にあるということもデメリットになるでしょう。

 

このような条件を含めても、安い高いが必ず出てくるため一括サービスの積極的な活用をお勧めしております。

 

安い業者が決まったら冷蔵庫の引越し準備!

 

冷蔵庫の引越しは、未使用のものであれば梱包するだけですみますが、今現在使用しているものの場合には、数日前から計画的に準備することが必要です。

冷蔵庫の中身は当日までに食べ切り、食べきれなかったものや調味料は、近距離の引っ越しであれば、クーラーボックスに入れて自分で運ぶこともできますが、それが無理な場合は、残念ですが廃棄するしかありません。

 

中身の整理が終わったら、前日には冷蔵庫の電源を抜いておくのを忘れないようにして下さい。

 

これは、配送の最中に冷蔵庫の霜が溶けて水浸しになるのを防ぐためです。
数時間おくと水が出てきますので、あらかじめしっかりと拭いておきましょう。

引越し当日は、引っ越し業者が運んでくれる場合には心配いりませんが、自分で梱包して運ぶ場合、注意しなければならないことがあります。

冷蔵庫の中の棚は、外して別にするか、テープなどで固定しておきます。

 

また、ドアも運んでいるときに開かないように、剥がし跡の残らないガムテープなどで止めて下さい。

冷蔵庫本体は、建物の床や壁に傷をつけないよう、古い毛布などを使ってカバーをして運びます。

もし業者に頼まず自力運搬の際は、冷蔵庫は立てた状態のまま運ぶのが鉄則です。

寝かせて運ぶと、振動で故障してしまうことがありますので、立てたままロープでしっかり固定しておきましょう。

 

無事に搬入を終えたあとは、1時間程度置いてから電源を入れるようにしましょう。

特に古いタイプの冷蔵庫ですと、すぐに電源を入れると不具合が起きる可能性があります。

 

 

機種にもよりますが、冷蔵庫は中が完全に冷えるまでには4~5時間はかかります。
中が冷える前にものを入れると、鮮度が下がったり腐敗したりといった心配がありますので、しっかりと中が冷えてから、使用するようにして下さい。

冷蔵庫だけを運ぶ場合には、単品でも配送可能な家財宅配便などを利用すると、安くすむ場合があります。

近距離で小さな冷蔵庫であれば自分で運ぶこともできますが、中型以上のものは作業に慣れたプロにお願いするほうが安心です。

冷蔵庫以外にも運ぶものがある時は、単身向けの引越しパックを利用すると、お得なケースもあります。

冷蔵庫の配送は、大きさや距離、単品か他の家財もあるのかによって料金が大きく変わりますので、まずは見積もりを取るか、一括見積もりサイトで確認してみると良いでしょう。

 

冷蔵庫のみを処分したい場合は?

引越しで冷蔵庫のみを処分したい場合もあります。
冷蔵庫は家電リサイクル法対象のためリサイクル料金を支払う必要があります。

料金は容量により異なり、
170L以下は3400円~4800円
171L以上は4300円~5200円
となります。

支払う場所は、郵便局でリサイクル券を購入するか、または冷蔵庫を購入した家電店で支払い処分をお願いするかのどちらかです。
また、冷蔵庫の容量とメーカ名が必須になるため、メモ帳に記載し持参する事を忘れないようにして下さい。

郵便局でリサイクル券を購入した場合は、そちらの券を冷蔵庫に貼り、市・区役所指定の回収業者に処分してもらいます。
処分業者に引き取りまで依頼する場合は運搬費用も必要になります。

回収業者以外でも、引越し業者に荷物の運搬を依頼する場合は、冷蔵庫の処分を兼ねている会社もありますのでそちらも参考にして下さい。

運搬費用と引越し先で新規に購入する場合とどちらが安いのか検討して下さい。

 

引越し先の冷蔵庫の設置場所を確認しよう!

冷蔵庫の設置に関しては引越し業者を利用した場合に様々配慮してくれますので問題はないのですが、個人で作業を行う場合にはどのような場所に設置し、また注意すべき点はあるのか分かりにくいものです。

 

まず、どこに置くかについては基本的にキッチンになるのですが、あらかじめスペースが決められていない場合は間取りを見つつ人が動く動線や使い勝手も含めてどこに置くかを考えます。

日中など日当たりの良い場所は加熱する恐れがあるため避ける事になり、風通しの良い場所が最適です。

直射日光が当たる場所だと、冷蔵庫の劣化や冷えない原因にもなるので注意して下さい。

 

また、意外と忘れがちなのはドアの開閉方向についてです。

最近では左右どちらからでもドアを開閉できる機種などもありますが、大半は左右片方だけしか開くことができませんので、家事スペースを考慮しつつ置き場所を選ぶことも大切です。

一般的には右利きの方が多いことから右開きの機種が多く、この場合は左側に取っ手が付いており右手で引き寄せるようにドアを開閉します。

特にキッチンの隅に冷蔵庫を置いて右側に戸棚などを置く場合は使いづらくなることもありますので注意しましょう。

また、冷蔵庫は内部の熱を外に排熱することで冷やしていますので、放熱スペースを充分に確保することが重要です。

一般的に大型家具は壁にぴったり付けることが多くありますが、冷蔵庫の場合、排熱スペースが無い場合は充分に冷やすことができなくなるなど問題が生じることがあります。

スペースは数cm程度で結構ですので、機体の後部だけでなく左右も含め空気の通り道を確保しましょう。

設置時に注意することや、やるべき事は何?

 

まず、気にされる方の多い電源を入れるタイミングは設置後すぐでも構いません。

横倒しした場合のみ、安全のためしばらく様子を見ようというだけの事なので業者に依頼したのであれば、設置後にはコンセントを入れ冷蔵庫が冷え切ったのを確認してから食材を入れて下さい。

 

アースの取り付けに関しては、現在の冷蔵庫はアース自体が無くなっている物も多いので、必須ではありません。

もし、あれば安全のため取り付けましょうということです。ありえないと思いますが屋外に設置する場合は必要になります。

設置場所や設置時の注意点を確認したら後一点だけ、忘れてはいけないのは地震による転倒を防ぐための器具の取り付けです。

冷蔵庫を倒さないために、固定するためのL字型金具や、天井と冷蔵庫の間にポールをかまして固定して動かさないグッズも販売されているので参考にして下さい。

重量が重いため地震により転倒すると人命に関わる事になりますので、天井と機体の間に耐震棒を差し込んでおくと良いでしょう。

 

正常な温度って何℃?もしも故障と感じた場合はどこがおかしい?

冷蔵庫の設定温度は、

  • 冷蔵室が2度から6度、
  • 冷凍庫が-18度から-21度、
  • 製氷室は-1度

ほどが適切な温度とされています。

 

季節に応じて温度を変化させると食べ物が傷みにくくなり、節電にも繋げることができますが、この際の切り替えには難しい操作をする必要はなく、夏場には「強」、冬場には「弱」に切り替えるだけで適切な温度に設定されます。

 

冷えない、または冷えすぎと感じた場合は?

 

もしも引越し後に、冷蔵庫が設定した通りに冷えない、あるいは設定温度以上に冷えすぎてしまうという問題が起こった場合には、まずは冷蔵庫内の状況を確認し直してみましょう。

 

センサーの近くに物を詰め込みすぎていると、機械が正常な判断を下すことができなくなり、設定した温度を無視して稼働してしまう場合があります。

 

センサーの近くから内容物をどかし、コンセントを抜いて再起動し、今一度様子を見てください。

 

それでも解決しない場合にはセンサーの故障が考えられ、修理費用の目安は1万円から2万円前後となります。

 

また、庫内が冷えるまでには夏で6時間~8時間程度冬で2時間~3時間程度かかりますのでしばらく待った上で確認して下さい。

 

何か異音がすると感じた場合は?

 

引越し直後に冷蔵庫から異音がするというケースで考えられる原因は、運転に伴う振動が床に伝わり、ガタガタと音を発しているというものです。

この場合にチェックすべきなのは冷蔵庫の足回りで、4つの角が全て床に密着しているかどうかを確認し、一ヵ所でも浮いている場所があれば修正してください。

 

それでも異音が収まらない場合には、コンプレッサーやファンの故障が考えられます。

この場合には修理費が嵩んでしまう傾向にあり、目安としては5万円から8万円前後の修理費がかかることが見込まれます。

見積もりで提示された金額次第では、修理よりも買い替えを考えたほうが賢明かもしれません。

 

外側が熱を持っていると感じたら?

 

また、冷蔵庫の側面が異常を感じるほど熱くなるということも、冷蔵庫にはよく起こる現象であるためあまり気にする必要はありません。

 

特に引越し直後で電源を入れたばかりの冷蔵庫は、急速に内部を冷やそうとモーターがフル稼働します。

 

そのため温度が上がりやすく、室温より10度以上も高い熱を持つことがありますが、故障の可能性はまずありません。

 

水漏れを起こしている場合は?

 

最後に冷蔵庫が水漏れを起こしている場合には、至急中を確認して霜が発生していないか確認しましょう。

 

霜が発生していない、あるいは除去してもすぐに発生してしまうという場合には、霜取りセンサーの故障が疑われます。

この際の修理費用は1万円から2万円ほどが相場となっています。

 

センサーが無事であればドレンと呼ばれるホースの詰まり、あるいはドアパッキンの故障が考えられ、いずれも1万円から2万円程度で修理可能です。

 

これらの故障や何かしら冷蔵庫に異変を感じたら、しばらく様子を見てから依頼した業者に連絡を取って下さい。

約款では荷物受け渡し日から3ヶ月以内と規定されていますが、責任の有無の判断が出来なくなる為、1日、2日後には報告するようにして下さい。

 

メニュー

引越しで冷蔵庫の運搬にクレーンを使用するケース

間取りの関係で、冷蔵庫のように大きな家電は引越しの時に玄関から出せない事があります。 これは冷蔵庫を購入して配達してもらう時にも経験していると思いますが、玄関や階段から入らずクレーンなどで吊り上げ運搬した場合は、引越し時 …

ライフラインの変更手続き

引越しでの電気ガス水道などの公共料金の手続きは、それぞれの運営会社に対して行います。 電話の手続き 電話はNTTですが、携帯電話であればドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアに連絡し手続きを行います。 NTTの固定電話 …

冷蔵庫に補充されているガスについて

冷蔵庫にはガスが充填されています。 使用されているガスは、フロンガスとノンフロンガスです。 フロンガスは、冷蔵庫の冷媒や冷却スプレーなどに使われています。 しかし、フロンと言っても様々な種類があります。

引越し時の挨拶は行くべき?

現在では引越しの時に挨拶に出向かれる方は減ってきているのが現状です。 特に単身では、挨拶をされる方も少ないので行っておけば好印象も持たれるでしょう。

訪問見積もりは必要なの?

引越し業者へ依頼をする時は事前に見積もりを出してもらうのですが、これは絶対にしなければならないことではありません。 荷物の量さえ事前にわかっていれば、それを伝えるだけで当日に業者は来てくれるのです。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.