現在では引越しの時に挨拶に出向かれる方は減ってきているのが現状です。

特に単身では、挨拶をされる方も少ないので行っておけば好印象も持たれるでしょう。

範囲は?

 

一般的には一軒家の場合は向こう3軒両隣です。

ことわざでも慣用句としても知られている日本古来の表現であり、この範囲を抑えておけばまず問題はありません。

 

逆に、向こう3軒両隣を抑えなければ一般常識のない家だというレッテルをはられます。

 

集合住宅では両隣と上下、それに大家さんに挨拶を行うことが一般的です。

新しい居住先周辺の挨拶は、余裕があれば引越し前に該当のお宅には伺って挨拶をすることが勧められます。

 

時間帯は?

引越し当日ですと、余裕がなく、時間も遅くなりがち。

 

初めて挨拶に伺うのに、夜分にうかがうことで挨拶が逆に印象を悪くする可能性があります。

 

遠方のため挨拶に行くことが難しい場合もあります。

その際には、引越し当日か遅くとも翌日中で挨拶に行っておいたほうが良いでしょう。

 

粗品は?

 

挨拶の品としては、石鹸やタオルなど日常品を選ぶことの方が多いですが、予算としては500円から1000円程度が一般的です。

 

クッキーなどのお菓子を挨拶の品にすることも喜ばれますが、あまりに高価な物や内容にこだわる必要はありません。

 

挨拶を行ったという事実が大事なのであって、品で喜ばせようと無理に狙う必要はありません。

 

不在の場合は?

 

挨拶の際に不在がちの隣人の場合は、挨拶状をポストに入れておくことが効果的です。

絶対に手渡しでなければいけないわけではありません。

 

相手に対して自分が挨拶に来たことが分かれば引越しの挨拶の目的は十分に果たせます。