引越し業者へ依頼をする時は事前に見積もりを出してもらうのですが、これは絶対にしなければならないことではありません。

荷物の量さえ事前にわかっていれば、それを伝えるだけで当日に業者は来てくれるのです。

(また、冷蔵庫のみの引越しでも搬入経路や、サイズ、重量の確認も必要になります。)

しかし余計なトラブルを避けるという意味では、訪問見積もりは必要と言えます。

なぜなら、素人目の判断だけでは正確な荷物量を出せない場合が多いからです。

トラブルとして多いのが、予想以上に荷物ができてしまったので追加料金が発生するケースです。

場合によっては後から荷物を送ることになってしまうので、引越し後にも影響を与えてしまう可能性があります。

また荷物料についての問題ですが、これは増える場合もありますが、プロの目から見れば減ることもあり、最終的に費用が安くなる可能性があります。

引越しに慣れているならともかく、確実に済ませるなら見てもらった方が良いというわけです。

訪問見積もりには、上述の荷物量の確認や、サイズ、搬入経路の確認など重要な事と併せて、業者もその日のうちに契約を取りたいと考えます。

ここで多いのが、お得な即決価格を提示して決めてしまおうという行動に出ます。
ここは一旦、冷静になり、他業者の見積もり額を出してもらうまで待ってもらって下さい。

断るのが難しければ、決定権が無いので家族と話し合ってから決めるとお伝えすれば問題ありません。