運送業者貨物賠償責任保険とは、運送業者が業務を行ううえで加入する事業所向けの損害賠償保険です。

引越しで運送業者を利用する際にはこの保険でカバーされることになり、

万が一の事態が生じた場合にも対応してくれますので、安心して運送を任せることができます。

いわゆる運送保険はこの運送業者貨物賠償責任保険を指す物で、

運送業者が契約を行い運送している荷物に損害が発生した場合に、荷主もしくは元請運送人に対して損害賠償を負うことに備え加入します。

また運送保険にはもう一つの種類があり、業者側が加入するのではなく私たち消費者側が加入する荷主物保険と呼ばれる種類があります。

この荷主物保険は荷主である消費者が自らの貨物に対して付ける保険で、

 

業者か消費者のどちらが加入するかにより運送保険はこのように2種類に分かれます。

ただ運送業者を利用する際にこちらが求めるまでもなく業者は保険に加入しているのですが、なぜそれとは別に消費者自身が加入する荷主物保険も存在するのでしょうか。

まず業者が加入する保険は契約内容によりそれぞれ違いがありますが、輸送中事故の支払限度額として1000万円などと金額が決められており、

 

免責額は5万円、一梱包あたり10万円が限度などと規定されています。

 

またどのようなケースで補償が受けられるか細かな規定がありますので、

場合によっては補償を受けられるか危ういこともあり、そうした不安をカバーするために消費者は自身で荷主物保険に加入するのです。

 

その他の違いとしては、貨物賠償責任保険では対象外になる物品も荷主物保険であれば保証をより大きくすることができる点が挙げられます。

続いて加入する際の費用についてですが、荷主物保険の保険料は保険の対象である貨物の価額が協定により決定するため案件ごとに大きく変わり、支払われる保険金についても案件ごとに大きく変わります。

なお美術品・骨董品・生動物など対象外になるケースもありますので、保険会社ごとに細かく確認しておきましょう。