間取りの関係で、冷蔵庫のように大きな家電は引越しの時に玄関から出せない事があります。

これは冷蔵庫を購入して配達してもらう時にも経験していると思いますが、玄関や階段から入らずクレーンなどで吊り上げ運搬した場合は、引越し時にも同じ作業になります。

こういう場合は人の手で吊り上げ運び出しと運び入れをする事になりますが、クレーンを使うよりかは安く済みます。

しかしどちらの場合でも、別途費用がかかり、もし見積もりに入っていない場合は追加料金となります。

クレーンを使って冷蔵庫を運ぶ場合の料金に関しては、高いというイメージが強いのですが、料金は引越し業者によってもかなり違いがあります。

2階からの運び出しと2階からの運び入れという場合、2万円台から3万円台が相場と言われていますが、業者によっては4万円から5万円かかる場合もあります。
(引越し業者がクレーンを操作する訳ではなく、下請け業者が入るため費用がそれぞれ異なります。)

料金も引越し業者によって違ってきますから、必ず見積もりは複数社に依頼して比較しましょう。

またクレーンの利用料が高い場合でも、クレーンの大きさがないと2階以上の場合は届かない事もあります。

場所によっては料金だけでは決められない事もあるので、見積もり時にどこまで対応できるかも確認しておきましょう。

入時にクレーンを使用していれば、引越しにも必ずクレーンが必要になります。

引越し前の環境、新居の周辺の環境によっては、選んだ引越し業者では対応しきれない事もあります。

この場合は他の業者を探す事になりますが、見積もり時に周辺の環境も見てもらうと判断しやすくなります。

ここで気になるのが、クレーンでは何階まで冷蔵庫を上げる事が可能なのかですが、一般的な引越し業者の場合は3階くらいまでだとされています。

基本的にエレベーターに入らないサイズは、高層階への運び入れが難しくなりますので、購入時にはサイズも考慮しておきましょう。

高層階になるほどエレベーターのスペースが重要です。